にいがた版 6月2週号

農業共済新聞にいがた版

若手女性が中心に
食のイベントを開催

ABODE〈あぼで〉菅谷ーkitaechigoー 新発田市

「ABODE〈あぼで〉菅谷ーkitaechigoー」は、新発田市菅谷〈すがたに〉地区の若手女性が中心となった地域活性化プロジェクトチームだ。2016年に結成された同チームは、野菜市や菅谷マルシェといった食のイベントを開催する他、新たな名産品の開発に取り組んでいる。

(6-2)トップ「菊池柚衣」1

「ABODE〈あぼで〉菅谷
ーkitaechigoー」のメンバー

(6-2)トップ「菊池柚衣」2

主婦が中心となって企画運営

(6-2)トップ「菊池柚衣」3

菅谷地区の豊富な農産物を
マルシェで販売

「地区外から嫁いできたからこそ、気付けることがたくさんあります」と話すのは、同チーム副代表の相馬絢子〈そうまあやこ〉さん(40)。同地区は農業が盛んで、菅谷不動尊などの名所があるのに、地元の食材を購入する場所や有名な土産が無いことが気掛かりだったという。
同地区の豊富な農産物を地域内外に発信したいという思いから、相馬さんと代表の二階堂里子〈にかいどうさとこ〉さん(41)が同チームを結成。「菅谷の良さをPRしたい」というママ友たちを中心に活動をしている。
「野菜市は月1回、マルシェは年2回行っています」と話す相馬さん。今年は地場産の農作物をテーマとしたマルシェを6月と10月に催す。6月はアスパラガス、10月は新米を目玉にし、その他にも旬の地場産作物が並ぶ予定だ。加えて、地元の飲食店も出店するなど地域住民が一丸となって地域活性化に貢献している。
「ABODE」は「一緒に行こうよ」という意味の方言である「あぼで」と英語の「abode(住まい、永住)」を掛けて付けた名前だ。この名前のように、地元の住民が日常的に買い物ができ、観光客にも足を運んでもらえる「憩いの場」のような販売所を作ることを目標に掲げている。
「現在は、菅谷特産のリンゴを使った新しい名産品の開発や、昔から菅谷で作られているサトイモの魅力に注目しています。今年はもちろん、来年以降もお楽しみに」と明るく展望を話す。
▽菅谷マルシェの日時=6月16日(日)午前10時~午後2時▽詳細=facebook=ABODE菅谷―kitaechigo―
(菊池柚衣)