収入保険制度の概要

収入保険制度の概要

平成31年1月から新たに始まる「収入保険」は、農業者の経営努力では避けられない自然災害や農産物の価格低下などによって売上が減少した場合に、その減少分の一部を補償する保険です。
基本的に、農産物ならどのような品目でも対象となります。
保険料率は1%程度で、収入保険に加入していれば、農家ごとの平均収入の8割以上が確保されます。
今年の秋から加入申請が始まり、青色申告の実績が1年分あれば加入できます。