類似制度との比較

収入保険制度と既存の類似制度との比較

収入保険制度と既存の類似制度を比較する際には、

  1. 栽培作目は、どの既存制度の「対象品目」か、
  2. 「補塡の対象」となる収入減少の要因は何か、
  3. 「補塡の計算方法」は個人単位か地域単位か、
  4. 「補塡の範囲」はどこまでか、
  5. 「補塡の時期」はいつ頃か、
  6. 「掛金」はどの程度か、

などの特徴をよく見て、自らの経営内容に最適なセーフティネットを自ら判断し、選択する必要があります。

収入保険制度と既存の類似制度との比較のポイント