NEWS & INFORMATION

ニュース

にいがた版 6月2週号

贈答用真空パック「お米でごあいさつ」
良食味産地をPR

農事組合法人よつば 長岡市栃尾

「栃尾の豊かな自然が育てた自慢のお米を多くの方に知ってほしいとの思いで始めました」と話すのは、長岡市栃尾島田の「農事組合法人よつば」代表の勝沼芳英さん(74)。同法人では、顧客の要望に応じ、パッケージに写真やメッセージを自由にデザインして印刷できる贈答用真空パック米「お米でごあいさつ」を販売している。現在、栃尾産「コシヒカリ」2合入りで、結婚式の贈答品などとして発売中だ。

(6-2)トップ「江口敬人」1
贈答用の「お米でごあいさつ」をPRする勝沼さん



刈谷田川上流の山に囲まれた盆地に位置する栃尾は、日中は温かく、夜は涼しい寒暖差のある地域。長岡市の中でもとりわけ雪深く「杜々〈とど〉の森湧水」で知られる全国有数の名水の里だ。
「魚沼産米は全国的にも知名度が高く有名ですが、栃尾のお米も負けていません。もっと多くの方々に味わってほしいです」と勝沼さん。清らかな雪解け水でたくさんの恵みを受けて育った米は、甘味、香りの質が高いという。
「お米でごあいさつ」は当初、勝沼さんの名刺として、遊び半分で作ったことが販売のきっかけ。「ある時、私の名刺を見た方から『自身が経営する店の紹介用に使いたい』とお電話をいただき、大変うれしく思いました」と当時を振り返る。
現在、名刺用・贈答用・引き出物用の3種類を販売。農薬・化学肥料を減らし、有機肥料を中心に手間暇かけて栽培した「コシヒカリ特選米」と合わせて好評販売中だ。
「引っ越しのあいさつとして購入された方が『配った近隣の方から好評で、自分も欲しいという方がいるので、追加発注したい』と連絡をくださった時はとてもうれしかったです」と笑顔で話す。
「『お米でごあいさつ』を通して、栃尾の良さをもっと知ってもらいたいです。栃尾地域の活性化につながってほしいですね」と、高品質な米の育成に日々、力を注いでいる。
▽問い合わせ先=電話0258(52)9153、e-mail:info@yotsuba‐agricom
(江口敬人)

to_top