NEWS & INFORMATION

ニュース

にいがた版 12月1週号

コスプレ写真で新米PR 若者に照準

関川村

 関川村下関地区の「伊藤農園」代表・伊藤賢さん(52)は、人気コスプレーヤー・神崎りのあさんとコラボレーション。コスプレ写真をパッケージした新米の販売イベントを道の駅関川「あいさい市」で開催した。

伊藤農園のイメージキャラクター「光兎キハル」のコスプレをした神崎りのあさん(左から2人目)と伊藤農園のメンバー

多くのコスプレ写真がパッケージされた米

 

 「何とか開催することができました」とイベント実行委員長で伊藤農園の従業員・田中寿幸さん(38)は喜ぶ。「コスプレ新米販売会」と銘打った販売イベントを神崎さんを招き実施。伊藤農園のイメージキャラクター「光兎キハル」のコスプレ姿を神崎さんが披露し、伊藤農園とのスペシャルコラボパッケージの新米「コシヒカリ」を販売した。
 伊藤農園は、米を買うことの少ない若者をターゲットに絞り、販路拡大を狙って企画を考えていた。田中さんが神崎さんを応援していたことから、伊藤農園の米袋にコスプレ写真をパッケージした米をプレゼントしたことがきっかけ。本人に承諾を得た2019年産米から、コスプレ写真をパッケージにデザインした米をコスプレイベントなどで販売してきた。
 「若い人たちにお米を手に取ってもらうためには、アピールが必要です」と田中さん。「実際に、興味本位で購入してくれた人が食味を気に入って、大きな規格で購入してくれたこともありました」と話す。
 伊藤さんは「一度食べてもらえれば、おいしさは伝わると思います」と自信をのぞかせる。
 今後は、イベント販売だけでなく、インターネットも活用していきたいという。「新型コロナ禍で、多くの人が来てくれたことはとてもうれしい。今後もイベントを継続して開催し、関川村を県内外に広めていきたい」と伊藤さんは今後の目標を話す。

to_top