NEWS & INFORMATION

ニュース

にいがた版 2022年7月3週号

評判の生キクラゲ 希少性に商機

長岡市

 「火を入れすぎないのが生キクラゲのおいしさを最大限に引き出すポイントです」と力強く話す、長岡市黒津の反町敏彦さん(58)。妻の加代子さん(58)とパート従業員とともに、全国的にも珍しい生キクラゲを生産している。

これからも加代子さんと二人三脚で続けたいという敏彦さん
全国的に生産量が少ない生キクラゲ

 敏彦さんがキクラゲの生産を始めたのは2018年。農閑期に長年にわたりシイタケ栽培してきたが、キノコの種類を増やそうと目をつけたのがキクラゲだった。
 キクラゲは国内生産量が少なく、消費量の大半を輸入に頼っている。中でも、生キクラゲの国内市場は3%程度とごくわずかだ。プリプリとした食感が特徴で、販売店舗も少ないため、珍しさから需要があるのではと考えた。菌種を植える培地や栽培用のハウスなど、シイタケ栽培で使用している設備をそのまま流用することができたのも、栽培を始める決め手となった。
 「キクラゲは暑さに強いため、夏場の冷房も不要です。一つの株から何回も収穫できるので広く場所を取らずとも栽培できますし、育てやすさも魅力ですね」と敏彦さんは話す。
 栽培には水分が欠かせないため、ハウス内が乾燥しないようにタイマーをセットしてミストを噴出し、湿度を管理。水分を与えすぎても生育に影響が出ることから、日々の天候を見極めて散水量を調整する。
 収穫は手作業で行い、加代子さんが中心となってスタッフをまとめている。
 販売当初は売れ行きが思わしくなかったが、昨年、テレビ番組で生キクラゲの特集が放送されたところ、需要が一気に伸び、販路が拡大。現在、県内各地の直売所やスーパーに出荷している。購入者からの評判は上々で、問い合わせも多いという。
 「販路が拡大したのは、うれしいですね。多くの方に生キクラゲをぜひ味わってもらいたいです」と話す敏彦さん。「奥さんの力がなかったらうちは回りません。とても感謝しています。これからも仲良く二人三脚で頑張っていきます」と笑顔を見せる。

to_top