保管中農産物補償共済

加入について

農作物共済、果樹共済、畑作物共済に現在加入しているか、過去1年間において加入していた農家の方が加入できます。

補償の対象(共済目的)

農作物共済、果樹共済、畑作物共済に加入している(または、過去1年間において加入していた)農産物を品目ごとに選択して加入できます。
なお、第三者から預かった農産物や収穫共済に加入がなかった年産の農産物は補償の対象外となります。

補償の内容

建物に保管中の農産物や出荷等のために運送中の農産物が共済事故により損害を受けた場合に共済金をお支払いします。
※保管中の事故については、あらかじめ指定した建物に保管されている場合に限ります。
※運送業者による運送中の事故は除きます。

補償額(共済金額)

1品目1口100万円ごとに加入できます。
なお、加入する口数に上限はありません。

加入タイプ

2つのタイプから選択できます。

Aタイプ(一時保管向け) 連続した120日間を補償します。
Bタイプ(通年保管向け) 連続した1年間を補償します。

 

共済掛金

Aタイプ 1品目1口当たり2,500円
Bタイプ 1品目1口当たり6,500円

対象となる事故(共済事故)

建物に保管中の農産物

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂または爆発
  • 建物外部からの物体の落下、飛来、衝突等
  • 建物内部での車両またはその積載物の衝突または接触
  • 給排水設備に生じた事故に伴う漏水等による水濡れ
  • 盗難による盗取またはき損等
  • 騒じょう等での破壊等
  • 自然災害(風水害、雪害、土砂崩れ、地滑り、地震等)

運送中の農産物

  • 火災
  • 破裂または爆発
  • 衝突、墜落および転覆(荷崩れは除きます。)

共済金のお支払い

農産物に1万円を超える損害が発生した場合、共済金額を上限に実損害額をお支払いします。(地震等事故については、実損害額の30%をお支払いします。)

損害額 = 損害の生じた数量 × 単位当たり共済金額

共済金の計算例

農作業場に泥水が流れ込み、保管中の玄米100袋(3,000㎏)に被害が発生。
(水稲1口(100万円)加入、令和2年産単位当たり共済金額222円)

損害額の算出
3,000㎏ × 222円 = 666,000円

支払共済金
666,000円