→ →

損害防止事業

損害防止事業

NOSAIでは、農業災害に対する損失補てんという本来の機能のほか、病害虫地域予察調査事業、病害虫防除事業などの幅広い損害防止活動を通して、地域農業の振興に寄与しています。

農作物共済・畑作物共済

  • 病害虫発生予察調査
  • 水稲、麦、大豆生育調査

NOSAIでは、各関係機関等と連携しながら、農業生産におけるリスクに対して、次のような支援をしています。

病害虫防除の実施

病害虫防除(水稲)

病害虫防除(水稲)

請負防除や共同防除を関係機関とともに実施し(無人航空機等)、効率的防除に努めています。

各種調査の実施

生育・病害虫発生予察調査(大豆)

生育・病害虫発生予察調査(大豆)

病害虫の発生動向をつかむための調査(発生予察)を行っています。
水稲、麦、大豆の生育調査を実施しています。(生育調査)

情報提供

技術情報の提供を行っています。

家畜共済

  • 家畜巡回検診

家畜巡回検診


NOSAI新潟では家畜検診車を使用した巡回検診を行っています。
本検診は、血液検査データを中心とした代謝プロファイルテスト(MPT)です。
検査データをコンピュータで統計処理し、飼養管理の改善すべき点を見つけ、より健康的で効率の良い生乳生産や、繁殖成績の向上に役立てていただくことを目的に行っています。
検診対象は搾乳牛(分娩を経た乳牛)、および繁殖用雌牛(繁殖を目的として使用される雌の肉牛)です。
通常は農場まで検診車で向かい、午前中に牛の採血と検診車の中にある検査装置で測定を行います。ご依頼があれば、直腸検査やエコー検査による妊娠鑑定等も実施します。午後には検査結果の検討会を行います。

巡回検診
尾根部から採血

尾根部から採血

妊娠鑑定

血液検査

血液検査

結果検討会

結果検討会

血液検査項目

ヘマトクリット(Ht) 貧血度合、栄養摂取過不足
血清総蛋白(TP) 炎症度合
血清アルブミン(Alb) 腸管吸収性蛋白過不足
血中尿素態窒素(BUN) 蛋白代謝の指標
血糖(Glu) 第一胃内エネルギーの指標
総コレステロール(T-Cho) 油脂系飼料の指標
遊離脂肪酸(NEFA) 脂肪肝、エネルギー過不足の指標
血中ケトン体(3HB) ケトン症、エネルギー代謝の指標
血清カルシウム(Ca) 血中カルシウムの過不足
無機リン(IP) 血中無機リンの過不足
血清マグネシウム(Mg) 乾物摂取量(特に粗飼料)の過不足
γ-GTP 肝臓機能障害の指標
AST(GOT) 肝臓機能障害の指標

果樹共済

  • 病害虫発生予察調査

果樹栽培には、台風等による風水害、雹害、霜害、病虫害など大きなリスクが伴っています。
NOSAIでは、リスク軽減のために病害虫発生予察調査を実施し、果樹生産の安定に努めています。
春から収穫が終了するまで毎月2回程、病害虫防除所、農業普及指導センター、市町、JAなどの関係機関や果樹栽培農家と連携し、生育調査と病害虫の発生予察調査を実施しています。この調査結果により、適期に的確な病害虫防除が行われるよう情報を提供しています。

病害虫発生予察調査の流れ(例)

→
→

現地調査

→

病害虫の発生の有無や、生育状況を現地で調査します。

調査結果を分析・検討

→

現地調査後すぐに調査員が集まり、病害虫の発生状況や生育状況、今後の天候などを考慮し、緊急防除の必要性や防除適期の検討などを行います。

情報の提供

情報提供例

検討会の結果を、関係機関や栽培農家に情報を提供しています。

園芸施設共済

  • 病害虫発生予察調査

施設を利用した園芸生産には、台風等による風水害、雹害、病虫害などの大きなリスクが伴っています。
NOSAIでは、リスク軽減のために病害虫発生予察を実施し、園芸生産の安定に努めています。
施設野菜の生育に合わせて、月2回(10日、25日)を基準に、病害虫防除所、農業普及指導センター、市町、JAなどの関係機関と連携し、生育調査と病害虫の発生予察調査を実施しています。この調査結果により、適期に的確な病害虫防除が行われるよう情報を提供しています。

病害虫発生予察調査の情報伝達の流れ(例)

情報伝達の流れ

施設内農作物の病害虫発生予察調査

→

検討会

→

現地調査後に病害虫発生状況を考慮し、防除要否や適期を検討します。

情報の提供

情報提供例

検討会で協議した内容を関係機関、栽培者に情報を提供します。

to_top